こだわりの手打ち式麻雀卓ぽけっと | 全自動麻雀卓アルバン

シンプルでスタイリッシュなデザイン
   手打ち式麻雀卓では今までになかったシンプルな流線形のラインで構成されたデザインを採用いたしました。
   幅が広く緩やかに手前にラウンドしたフレームは手首の疲労を和らげる設計になっています。
   フチの高さは15mmあるので、理牌時などで牌を崩しにくい設計になっています。
   通常、全自動麻雀卓では10mm程度です。
   親マークや焼鳥マーク置場は手前側からも取り易くするため、手前側を浅めに設計してあります。


5つの点棒入れ
   チップの収納も考慮した結果、点棒入れを5つ搭載いたしました。
   点棒入れの右側と左側にスロットを搭載しておりますので、お好みに合わせた使い方ができます。


ガイドシール付属
   お使いの牌のサイズに合わせてガイドシールを貼ることにより、牌山を積むためのガイドとして利用したり、
   手牌の数合わせに利用することができます。


消音性へのこだわり
   近年、麻雀プレーヤーのマナーの健全化により打牌の強打も少なくなりましたが、
   それでも少しでも軽減したいという思いから極厚3重構造の天板を採用いたしました。
   マットも含めた厚みはなんと20mmもありますので、打牌の音は響かずにすぐに収束いたします。
   通常、全自動麻雀卓では5mm程度ですので、想像に難くないでしょう。


画期的な瞬間点棒収納システムでゲームをスピーディに展開
   点棒の収納にもたついて他家に気を使ってしまったり、捨牌を見逃してしまったりしたことはありませんか?
   そんな悩みを解消する新システム搭載!
   卓上に置かれた点棒やチップを、各プレイヤーのポケットから流し込めば、スロープを下り、瞬時に点棒を収納できます。
   仕分けはゲームが落ち着いてから行えます。


サイズへのこだわり
   近年では手打ち麻雀卓でさえも格安の輸入品が販売されていますが、
   やはり、全自動麻雀卓と同じく手打ち式麻雀卓でもサイズは大きく、高さも高いものが多く、
   点棒箱や親マーク等を置く場所がありません。
   日本製であっても業務用全自動麻雀卓と同じ高さの設計が多い中、アルバンでは”家庭用”として丁度よい、
   平均的なダイニングチェアに合わせた高さを採用いたしました。
   これは日本では家で靴を脱ぐという習慣があるため、数センチ低くする必要性があるからです。


手打ち麻雀卓では今までになかった高級感のあるグレーのマットも選択可能
   スタンダードなグリーンマットに加え、ダークグレーのフレームと一体感のあるグレーマットバージョンもご用意いたしました。


価格へのこだわり
   ここまでの機能を盛り込みながらも、より多くの麻雀愛好家の方たちにお使いいただきたいという思いから、
   お求めやすい価格設定にいたしました。
   「ぽけっと」は手打ち式麻雀卓のアイコンを目指します。


組立に工具が必要ありません
   小さなことですが、組立方法にもこだわりました。
   組立には手で回せる蝶ナットを使用することで工具の準備が必要ありません。
   組立方法は脚を取り付けるだけの簡単な組立です。
   解体して運びたいときに工具が見つからないなんてこともありません。
   組み立てたら不要になってしまう工具をなくすことで、コスト削減やエコにもつながります。


梱包サイズへのこだわり
   お客様のご負担を減らすべく、配送料を可能な限り抑えるため梱包サイズまでも可能な限りコンパクトにいたしました。
   これは、同時に配達員の負担も軽減することに繋がりますので配達時の事故の軽減も期待できます。


特許取得
   粗悪なコピー品対策への取り組みの一環として特許を申請中、取得予定をしておりますので、
   お客様には安心してご購入いただけます。

↓ ぽけっとご注文はこちら ↓

弊社CM放映中